- インタビュー
若手社員インタビュー
平成29年入社 田中龍生 技術部
なぜこの会社を選びましたか
専門学校で機械設備について学び、興味を持ちました。
設置工事等の技術的な面に関心がありましたので、機械設備工事について
経験の多い大崎設備工業で多くの事を学びたいと思い、入社しました。
現在している仕事はどんな仕事内容ですか
テナントビルの新築工事の現場を担当しています。
そこでビルの給排水衛生設備・空調換気設備等の施工管理をしています。
初めて一人での現場管理になりますので、忙しい毎日ですが、
元請の建築業者や専門業者の方々に助けていただきながら、
竣工・引渡しを目指して、材料や作業の段取り、書類や図面作成をしています。
教育の体制についてはどう感じましたか
新卒で入社しましたので、右も左もわからない状態でしたが、入社後は上司の
元で補佐という形で工事現場を担当し、現場の流れから管種や機器の選定、
図面作成など細かい所まで丁寧に教えていただきました。また、社外研修にも
参加させていただき、社員を育てることに真剣な会社だと感じました。
入社して良かったことはなんですか
機械設備についての知識を得たことはもちろん、現場を進めていく上で、
その現場に来られている弊社と関係する専門業者の方々と、
工事や施工方法について約束を交わすことが多く、
その約束を着実にこなしていくという責任感が身についたことです。
どんなところにやりがいを感じますか
様々な苦労や努力の積み重ねの末、やっとの思いで1つの現場が竣工検査を
迎えることが出来て、建物が完成した時に達成感を感じます。
補佐をしている時でさえそう感じたのですから、一人で管理した現場の竣工を
迎えた時にはどのくらいの達成感を味わえるのか楽しみです。
5年後にはどうなっていたいですか
これから更に色々な経験を積み、会社からもっと規模の大きな工事を任せられる
ようになりたいと思います。そのためにも必要な二級管工事施工管理技士を
取得し、一級管工事施工管理技士を目指したいと思います。
また、管工事施工管理技士だけでなく、さまざまな資格を取得して
仕事の幅を広げていきたいと思います。
応募される方へメッセージ
誰でも最初は未経験で、知識もほとんど無い状況から始まります。
私も初めの内は覚えることが多くて大変でしたが、作業面では上司に
支えてもらい、研修等のサポート面でも会社に支援していただき、大きく成長
できていると思います。工事関係の仕事と聞くと、忙しかったり汚かったりの
イメージがあると思いますが、仕事に対する達成感ややりがいのある、
とても良い仕事だと思います。

他の人のインタビューを見る

田中 龍生 技術部
山田 一成 技術部
堀川 美樹 技術部