- インタビュー
若手社員インタビュー
平成29年入社 山田一成 技術部
なぜこの会社を選びましたか
新卒として、関東にある会社で働いていましたが、「地元」で働きたい
という思いが強くなり、滋賀県を拠点とする大崎設備工業に入社しました。
現在している仕事はどんな仕事内容ですか
現在は見積・契約書関連の書類作成や、先輩に同行して取引先への営業回りを
しています。また、月に一度は必ず現場を見学に行き、専門的な知識の習得も
目指しています。まだまだやれることは少ないですが、
ひとつでも多くのことが出来るようになるよう日々勉強しています。
教育の体制についてはどう感じましたか
この会社はしっかりとした教育体制に取り組んでいるという印象です。
わからないことがあってもしっかり考える時間を与えてもらえ、
壁に当たってもアドバイスがもらえ、前に進むことができています。
また、部署の隔たりがなく、技術部、業務部の先輩社員の方々にも同じように
丁寧に指導していただいています
入社して良かったことはなんですか
やはり地元である滋賀でずっと働いていけるのが大きいです。
現場もほとんどが滋賀県内なので内勤職でも技術職でも滋賀県の発展に
大きく関われると思います。
どんなところにやりがいを感じますか
スケールの大きい仕事に関われるところにやりがいを感じます。
滋賀県内で数多くの建物が大崎設備工業の施工になっています。
私自身何気なく利用していた建物がこの会社の施工だと知ったときは驚きと
ともに、同じような建物に自分もいつか携わってみたいと強く思いました。
5年後にはどうなっていたいですか
5年後はちょうど30歳なので常にいくつかの営業案件を抱えながら
仕事に取り組んでいきたいです。そのためには日々の積み重ねと取引先の
担当者様との信頼関係が大事だと思うので、少しずつ前進して自分なりの
営業スタイルを確立していきたいです。
応募される方へメッセージ
自分の働く会社を決めるということはとても難しいことだと思います。
私が意識していたのは決め手となる柱を決めること。
「地元で働きたい・発展に貢献したい」、「スケールの大きな仕事が
してみたい」この二つの柱をもとに会社を探していたところ、大崎設備工業の
求人を見つけ、合致していたので応募し、入社しました。
まずは自分が何をしたいか、何が譲れないのかを考えてみてください。
その中であなたの譲れない柱と私たちの会社が少しでも合致するのであれば、
ぜひご応募ください!お待ちしております。

他の人のインタビューを見る

田中 龍生 技術部
山田 一成 技術部
堀川 美樹 技術部